第10弾、レッグカール!

こんにちは。Mets-GYM森下です。

第10弾、レッグカール!

【目的】

レッグカールで鍛えられるのはハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)という大きな筋肉です!

ハムストリングスは、股関節や膝を曲げる時に働く筋肉で、関節を2つ跨いでいることから「二関節筋」と呼ばれます。トレーニングすることにより、歩く、走るといった、日常の動きがスムーズになったり、パフォーマンスが向上したりします。

【動作】

①アームのスタート角度を調整します。

シートの上にうつぶせになり、膝の関節部をアーム回転軸に合わせた時に、丸パッドがかかとより少し上に当たるように丸パッドの位置を調整します。

②膝を2秒かけ曲げる。

膝を曲げ、丸パッドを巻き上げます。丸パッドをお尻に近づけるように曲げます。

③膝を2秒かけ戻す。

ゆっくりスタート位置の少し手前まで戻し、繰り返します。

【ポイント】

・反動は使わない

反動を使ってしまうと、ハムストリングから負荷が抜けてしまい、十分なトレーニング効果が得られません。

・動作中は足首を曲げるようにします

  動作中に足首を曲げるとふくらはぎの筋肉への収縮が強くなり、より効果的な負荷が得られます。

◎負荷、回数

10~15回、2.3セット

これであなたも…\ 美脚 /

ブログ

アクセス