第7弾!エアロバイク!

こんにちは。mets-GYM小林です。
第7弾!エアロバイク!

【目的】

エアロバイクは下半身の引き締めに効果的ですが、実はぽっこりお腹の解消にも適したトレーニングです。一般的に、ぽっこりお腹を凹ませるには腹筋の内側にある「腹横筋」を鍛える必要があるといわれています。エアロバイクはペダルを漕いでいる最中に腹横筋を鍛えられるので、お腹やせを目指している人はぜひダイエットメニューにエアロバイクを取り入れてみましょう。

【動作】

①ペダルを漕ぎながらお腹に力を入れ、お腹を凹ませた状態で10秒キープし、その後深く息を吐く(ドローイン)を繰り返す。


ドローインとは…腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋など腹部の筋肉を鍛錬する体操法。 腰痛の軽減、ウエストの引締めなどを目的に体幹を鍛えるトレーニングの一つ。


②反り腰や猫背にならないように注意しながら、やや前傾姿勢で漕ぐ。

【ポイント】

◎時間

1日最低20~30分、慣れてきたら1~2時間まで伸ばしていきましょう。

◎サドルの位置


エアロバイクの正しいポジションは自転車と同じです。 高さはサドルに座ってかかとをペダル(最下位の位置)に乗せた時に膝が軽く曲がる程度の位置がベストです。

※サドルの位置を上げ過ぎないように注意しましょう!
サドルを上げすぎて、膝が伸びきってしまうと、関節を痛めてしまいます。少しの圧力が加わっただけでも関節にダメージが大きくくわえられ、膝の曲げ伸ばしを何度も繰り返す動作の為、必然的に関節へのダメージは大きくなります。関節を痛めてしまうと、筋肉と同様に回復に時間がかかることが多いです。

【注意点】

エアロバイクでぽっこりお腹を凹ませたい場合は、負荷を軽く設定しましょう。負荷を重く設定するとフォームが乱れやすくなるだけでなく、前の太ももに効いて脚が太くなる可能性があります。そして何より有酸素運動よりも筋トレの要素が強くなり、有酸素運動の効果を得にくくなるので、回転数は60~80程度を保つのがおすすめです。

これから夏本番です!水分補給をしっかりしながら運動しましょう(^^)/

これであなたも…\ くびれ美人 /

ブログ

アクセス